最近の記事

カテゴリー

月別アーカイヴ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

blogram

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

浮上、うたう、不全。うたう。


 「でも、星が話してくれたことを、友だちに話してあげるのはかまわないんでしょう?」
 「それはいいよ。だができないだろうね。」
 「どうして?」
 「それを話すためには、まずお前の中でことばが熟さなくてはいけないからだ。」
 「でも話したいの、なにもかも!あそこで聞いた声を、うたって聞かせられるといいな。そうしたら、なにもかもまたよくなると思うわ。」
 「ほんとうにそうしたいのなら、待つこともできなくてはいけないね。」
 「待つなんて、わけのないことよ。」
 「いいかね、地球が太陽をひとめぐりするあいだ、土の中で眠って芽を出す日を待っている種のように、待つことだ。ことばがお前の中で熟しきるまでには、それくらい長いときが必要なのだよ。それだけ待てるかね!」
 「はい」とモモはささやくようにこたえました。

 ミヒャエル・エンデ/大島かおり訳『モモ』(エンデ全集3)岩波書店,p.246-247




 前の前と、そのまた前の週末のことがあって、なんだか区切りくさいなあとか考えていたらいつの間にやら23歳になっていました。最近ほんとうに生きてきてよかったなーって思います。思えるようになってよかったなー、とかなんだかまだちょっと自分のことじゃないみたいな感じもしているし、それから油断は禁物だし、あと楽観ばっかりしていていいわけではないのだけれど、まあでも確実に水面近くまで浮上してきている感じです。ぴーす。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 6月の13日には『京大短歌』16号の批評会があり、自分の作品のこと作歌態度のことこれからのこと、改めてきちんと向き合おうと思った。OBさんと話せたのもすごく嬉しくて、ああこの詩形でもがくことは、単純に日々に苦しみがさらにのしかかるだけではないのだなあとしみじみ。

 20日には吹奏楽団のサマーコンサートがあり、はじめて奏者でもスタッフでもなくお客さんとして観にいったのだった。なんだか気持ちの上で割とすとんと整理がついてしまった感じで、そういう心境の変化というか楽器を吹くことへの執着が丁寧に均等にのばされてうすめられていってしまっている、その一区切り。もちろん距離と時間のせいなのだけれど、その距離と時間をいちもにもなく寂しいと思わないようにまでなってしまったみたいだ。

 このふたつが直近にあったのは割と重大なんじゃないかって気がする。大げさだけど儀式、というか通過儀礼のよう。
 じゃあそれを経て今はどうかって言うと、いい短歌をこれからたくさん作りたいなあ、ってわくわくしています。楽器への未練はないわけじゃないけれど、一旦は離れるっていうこころの準備ひとまず完了、かも。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 考えてみれば、大学に入ってからこっち、「うたうことの不全性」について折にふれて思ってきたのだった。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。