最近の記事

カテゴリー

月別アーカイヴ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

blogram

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

walking on(ときどきdiving or crawing)

 いつの間にか、前髪が目にかかるくらい伸びていた。今は大丈夫でも、帽子を被ったら邪魔だろう。
 切ろう。
 剃刀をビニルから出して。
 水が流れている。
 湯気が上がっていた。
 お湯になったようだ。
 変な水。
 媚びている水。
 剃刀を右手の指で持ち、鏡を見ながら、前髪を少しずつ切った。
  (森博嗣『ダウン・ツ・ヘブン』中公文庫、p.251-252)



 一昨日に角川短歌賞への作品50首を送り出した。
 今回の連作はもともと昨年の秋に歌壇賞(30首)に出しかけたものの、でも自分で納得がいかなくてやめて、半年以上ずーっと育ててきたものだった。できることはやったし、仲間内で批評してもらっていろいろ気づけたし、でも譲れない部分は譲らないで、いまの自分が一番納得できるかたちになったと思うのでよかった。
 定形外の大きな封筒を郵便局の係のひとに渡して、身を乗り出してカウンタの向こうの消印の日付を確認して(昨年、短歌研究新人賞に出したときは「これ今日の消印つきますよね?(おろおろ)」と訊ねたっけか)、行ってらっしゃい!楽しんでおいで!って送り出した。

 今回の連作には何回も何回も深く深く「潜った」のだけれど、締め切り前日に喫茶店での読み直し、最後のダイブのときなんか、周りが水というよりもうなんだか空気みたいな感じがして、当たり前にからだに50首、沁みこんでしまった。瑕はいくらでも挙げられるけれども、作品それ自体も、費やした時間も思いも愛おしいし、基になった種になった苦い若い辛い経験にも行き場のなかった思念にも、ようやくひとつの区切りをつけられたかなって感じでほっとしています。

 自分の手で大掛かりな憑き物落しを、自分に対してようやくなんとかこなし終えたので、次の日は一日眠ってしまった。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

コードネームと恋がほしくて

 5月に読んだ本まとめ(読書メーターからコピペするだけの簡単なお仕事)。
 …あれ?『スカイ・クロラ』シリーズ再読と『青い花』だけ?

 あ、あと『短歌研究』6月号の栗木京子さんの連載で紹介されていて、おおおっと思ってつい借りてしまった『建礼門院右京大夫集』をかじり読みしたまま放置中ェ…附属図書館から督促来てるのでとっとと読まなくては。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。