最近の記事

カテゴリー

月別アーカイヴ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

blogram

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

途方に暮れている暇

 私の形をくりぬいただけの世の中なのに、どうしてだかうんと淋しく見える、たとえ短い間でも、やがて登場人物はいずれにしても時の彼方へみんな消え去ってしまうとしても、そのスペースがとても、大事なものみたいに輝いて見える。
 まるで木々や太陽の光や道で会う猫みたいに、いとおしく見える。
 そのことに私は愕然として、何回でも空を見上げた。体があって、ここにいて、空を見ている私。私のいる空間。

 よしもとばなな「あかあさーん!」/『デッドエンドの思い出』(新潮文庫)所収、p.111


 4月ももう下旬らしい。いつの間に、という感じはあまりしないし、息苦しくって時が経つのが遅い感じもしない。今回こそはと、おそらくいまの状態のじぶんにベストな力の入れ方で臨んだ新学期。なんとなーく思い巡らせていた「きちんと」の照準範囲から、まあはみ出すとしても片足くらいなもので、幸いにまだ大崩れしないままに日々が過ぎていっている感じではあるな。とは言えあくまでもここ二、三年の自分と比べて、ではあるのだけれど。
 平日をまるまる寝過ごす(ひどいときには1時寝・17時起きである)こと5回くらい。それでも音信不通と3日以上にわたるひきこもりは今のところ、していない。お米もまめに炊いているし。体調がすぐれないときには、因果関係にあたりをつけることが八割がたできるし(なにしろ、「なんだかよくわからないけどだるい」のが続くことほど面倒くさいことはない)。旅館で修学旅行生の食事の準備やら掃除やらのアルバイトもはじめたし。

 あとは自分予報と自己管理をどれだけできるかだな、いよいよ。

 と思っていたらば、今日も見事に寝過ごしてしまった。一昨日の晩になかなか寝つけず、昨晩はさみしいさみしい病にかかっていたことを顧みると、まあ必然の範疇ではあるけれど。

 明日は朝の6時からアルバイトなので早く寝てしまうことにして、仕方がないのでただいま、ちょっと途方に暮れてみている。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

よざくら!

 夜の哲学の道をひとり歩きしてきましたー。桜がすんごい見ごろだ!ってことで。
 銀閣寺の方から南にずっと下って、写真ぱしゃぱしゃ撮りながらずっと下って、熊野若王子神社にまでたどり着き、鹿ケ谷通に出て北へ。さすがに南禅寺には行きませんでしたが。でも熊野若王子神社がすっごくツボでした!
 夜空が明るくてあやしくて楽しかったー。帰ってきて白川通に出たら、こっちの方が別世界なんじゃないかと錯覚してしまうくらい。
 ↓にスライドショーとアルバムへのリンクを貼っておきましたので、よろしければご覧ください。

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。