最近の記事

カテゴリー

月別アーカイヴ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

blogram

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

今月はもう本は買わない

 もしかすると、ほむらさんは私の耳の角度だけが好き、と思われたのか。
 誤解だ。
 コップに水を注ぐときのことを考えて欲しい。
 全体に充ちているからこそ、或る一点から溢れるのである。
 その一点がどこかってことが問題なんじゃなくて、好きという気持ちは全体に充ちているのだ。
 耳の角度じゃなくて君が好きなんだ。
 (穂村弘『もしもし、運命の人ですか。』メディアファクトリー、p.172)



あーあ。「今月はもう本は買わない」と心に誓ったはずなのに!
ブックオフで上の本をみつけてついつい。でも面白いので買って損はなかった。
かなりへなちょこでとほほなエッセイだけど、けっこう肯けてしまう。

そうそう、つい先日平等院に行ってきました。
鳳凰堂を見ての感想は「10円玉だ!」っていうのと、すごく均整のとれたプロポーションだなあ、っていうのと。
後者は建物を形容する仕方としてどうなのか…
そして、雲中供養菩薩がいっぱいいて楽しかった!!みんななんだかやる気のない表情でそれがまた良いよ。

寒かった。宇治川を見た。やっぱり川が好きだ。
ちょうど一年くらい前は桂川を見た。やっぱり寒かった。
そう言えばどちらにも水鳥がいた。

一年前と今と、自分は変わっているのかなあ、と思う。
相変わらずだめな部分はだめだけれど、だめな部分との付き合い方にはすこしばかり慣れた。
かもしれない。


来月の半ばには楽団の春合宿でハチ高原スキー場にこもって来ます。
雪遊びと、夜中に雪の上を歩くのと、星を見るのが目下の楽しみであります。

そう言えば、去年の春合宿のコンパが最初だったかなぁ、一口目にしてお酒をおいしいと感じたのは。
テンションが上がるのとは無関係に、なんかちょっといい感じだったのは。
なんだか、あのときの梅酒はこれからも特別な気がする。なんとなく。

スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

いやだ…だけど、楽しむ

じいちゃんが死なないように撮ってる。そんなこと言ってるから、甘いと思われてるんですけど。
「死ぬに決まってるでしょう」なんて言われたこともあって、すっごいその言葉が怖くて。
そんなこと知っとるけど、そう言われたら、いやだ、死んでほしくないって思うんです。
(梅佳代、『広告批評』2008年1月号、p.121)



このインタビューのためだけに590円を払う価値はあるなぁ、と思う。
この部分がもっとも身に迫ってきたけれど、読んでいると全編通してどきっととする。
表現手段として、写真っていいよなぁとよく思う。
そりゃあ、吹奏楽やら短歌やらに比べたら、受け手の幅広さなんか段違いだ。
ほぼ誰にでも、直観的に受けとってもらえるところとか。

けれども、当然ながらどのジャンルにも葛藤は付き物なのだなあ、
表現者というのは、自分の中の病理を自覚しようとしている人たちだよなあと思う。
「そんなこと知っとるけど、いやだ」に集約されているように。


昨日は節分だったらしい。
一人暮らしももうすぐ二年目を終えようとしていて、年中行事からどんどん遠ざかっていくことよ。
スーパーで働いているので、季節感に触れはするが実践はまるでしない。


レポートからも逃れたので、楽器を吹くのが中心の生活にふたたび移行。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。